絶対に知っておくべき。仕事を辞めたら必ずやった方が良い5つの申請

RIKU日記

絶対に知っておくべき。仕事を辞めたら必ずやった方が良い申請!!

皆さん、こんにちは。

本日は『仕事を辞めよう』と考えている人が実際に辞めてからするべき事をご紹介します!

僕は辞めたらとりあえず失業保険の申請をしたらいっか~♪しか思っていなかったんですが、調べてみたら他にも絶対にした方が良い事がいくつかありましたので、そちらの共有となります。

①年金と保険の切り替え

今まで所属していた会社がやってくれていた年金や保険の支払いを自分でしなければいけないので、住んでいる地域の役所に行って、手続きをしましょう。手続きが完了したら今まで支払っていた年金や保険の支払い用紙が自宅に届くようになります。

~手続きの際に役所で必要な物~

  1. 退職証明書(辞める際に会社から貰える)
  2. 年金手帳
  3. 印鑑
②失業保険の手続き

こちらは辞める際に会社から貰える『退職証明書』を持って、住んでいる地域の失業保険を担当しているハローワークに行って手続きをしましょう。

そもそも失業保険とは?って方にご説明を!!

簡単に言いますと、仕事を辞めてからも条件を満たせば、頂いていたお給料の5割~8割を決められた期間中は支給してもらえる神制度です(笑)

※期間や金額は個人差があるので近くのハローワークに電話してみてください。

③毎月支払っていて年金と保険の免除申請

~対象者~

✓仕事を辞めて収入が下がった人

✓独立をするが、独立後すぐは売上がない人

✓働いてはいるが収入が少なく、支払いが困難な人

こちらも住んでいる役所の担当の窓口で手続きができます。

※収入が少ない期間は一時的に免除してもらえますが、しっかりとした収入を頂けるようになった時は今まで免除してもらっていた分の支払いもしなければなりません。

④税金の還付申告=税務署に確定申告を提出する

こちらは払い過ぎた税金が返ってきます。会社に所属している人は【年末調整】ちう形で少し返ってくるお金のことです。申請の猶予期間は5年程あるので急ぎではないですね。

⑤住居確保給付金の申請

こちらは退職したり、収入が低い人が対象で条件を満たせば国が家賃補助をしてくれます。金額は個人差がありますので近くの役所に聞いてみましょう。

③と⑤は仕事を辞めていなくても収入が低ければ対象になる可能性があるので、気になる人は是非 区役所に聞いてみましょう。

凄いややこしく思われるかもしれませんが②以外は近くの役所に行けば解決できます!!


ここまで読んで頂いて僕が伝えたいことは【情報】は凄く大切だということです。今回紹介させて頂いた5つの社会的制度を知らなければ、仕事を辞めてからの生活はかなり大変に。もしくはそれ以上の命の危機に関わる可能性もあると思います。

僕も今までこのような制度を一切知らずに生きてきました。しかし仕事を辞めてから自分の生活が貧しくならないために沢山勉強しました。

その中で得た有益な情報などをこれからも同年代の夢に溢れた方たちに共有していきたいと思いますので、是非よろしくお願いします!!

~その他のオススメ記事3選~

最大30万円GET!安心して。詐欺ではない。誰でも約10分で千円獲得 – 元飲食店長!しかし現在23歳無職~野望を叶えるまでの道のり~ (krmn-cookinglife.com)

これさえ見れば【副業】をスタートできる!副業探しならココナラ! – RIKU~vlog~ (krmn-cookinglife.com)

【食費削減】デリバリーアプリの初回クーポンでタダ飯しまくろう♪ – RIKU~vlog~ (krmn-cookinglife.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました